« 万平ホテルのアップルパイ | トップページ | 王子の風景 »

2007年1月16日 (火)

万平ホテルでの夕食

Dsc01445_1
軽井沢旅行記。
夕食は、万平ホテルのメインダイニングでとりました。






お部屋に戻ってくつろいでいると、夕食の時間が近づいてきました。
夕食は6時からだったのですが、少し早めにメインダイニング前で待つことにしました。

6時丁度になると、係の方が小さな鉄琴でチャイムを鳴らします。
これが鳴ると、ダイニングの扉が開き、夕食の始まりです。

ダイニングには、お正月らしくもち花が飾られていました。

Dsc01454











万平ホテルでの夕食は、フランス料理と中華のどちらかを選べるのですが、くまこ夫婦はフランス料理にしました。

前菜は、「ズワイ蟹とリンゴとキャベツのサラダ」

Dsc01449











シャキシャキしたリンゴと、さっと湯がいたキャベツをごま風味のソースで食べます。
さっぱりしたサラダに、蟹の旨味が食欲を増します。

スープは、「季節の野菜スープ」

Dsc01452











この日は、カブのスープでした。
カブの甘さがでて、やさしい味でした。

パンは、シンプルなシャンピニョンと、ブルーベリーが入ったものがでてきました。

Dsc01451











パンは、北軽井沢のパン屋さんで焼いてもらっているそうです。
香ばしくって、とてもおいしいパンでした♪

魚料理は、「金目鯛のポワレ 小松菜とベーコンのソテー」

Dsc01453











金目鯛は口にいれると、ホロホロとくずれていきます。
このソースがとてもおいしくって、パンをたくさん食べてしまいました・・。

メインの肉料理は、「国産ビーフのステーキ 温野菜」

Dsc01456











お肉も、野菜も、火の通し方が絶妙でした。
赤ワインを使った、コクのあるソースはとてもおいしかったです♪

デザートは、「イチゴのムースとシャンパンのソルベ」

Dsc01457











チョコレートのスポンジ台の上に甘酸っぱい苺のムースが乗っています。
甘さ控えめおいしかったです。

全体的にオーソドックスなメニュー構成でしたが、どれもおいしく、大満足な夕食でした♪

|

« 万平ホテルのアップルパイ | トップページ | 王子の風景 »

コメント

うわ~!これまた雰囲気がありますね~!
チャイムで扉が開くところ見てみたいです。
確かにお料理オーソドックスかも。やっぱり歴史を大事にしてるんでしょうね。
前の記事ですが、マークスの山って王子なんですか?!新発見!!

投稿: jrglay | 2007年1月16日 (火) 21時21分

jrglayさん。こんばんは。
万平ホテルのフランス料理は、すごくクラッシック!
「仏蘭西料理」といった感じです♪

マークスの山では、事件の舞台はいくつかでてきますが、
そのうちの一つが王子なんです。
再読してみたら、事件現場が自分の家のすぐ近くだったので
びっくりしました☆

投稿: くまこ | 2007年1月16日 (火) 22時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/139796/4956761

この記事へのトラックバック一覧です: 万平ホテルでの夕食:

« 万平ホテルのアップルパイ | トップページ | 王子の風景 »