« 北区の長崎 | トップページ | 飛鳥山の桜 »

2007年3月 5日 (月)

とある石仏

Dsc01967
散歩の途中、思わず足をとめてしまいました。










この石仏を見つけた場所は滝野川1丁目。
通称「飛鳥山」と呼ばれているあたり。

近くに踏切と地蔵尊があって、その奥にある小さなお堂の中に隠れるようにいました。

Dsc01970













穏やかな表情は、日本というより「アジア」を感じさせます。

近くの垣根の足下に、乙女椿がひっそりと咲いていました。

Dsc01969











ちょっと変わったものを偶然見かけることがあるので、北区の小径めぐりはやめられません。

|

« 北区の長崎 | トップページ | 飛鳥山の桜 »

コメント

「お地蔵さん」じゃないんですね。めずらしい!
この椿とってもみごとですね。
なんとなく、この像のご慈愛を受けているから美しく
咲いたような気がしてしまいました。

投稿: jrglay | 2007年3月 5日 (月) 21時24分

Jrglayさん。
言われてみれば、お地蔵さんじゃないって珍しいですよね。
お寺の一角のようなので、お地蔵さんじゃないのかも知れません。
他にもこういうところってあるのでしょうね☆

投稿: くまこ | 2007年3月 6日 (火) 23時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/139796/5581420

この記事へのトラックバック一覧です: とある石仏:

« 北区の長崎 | トップページ | 飛鳥山の桜 »