« 田端文士村記念館 | トップページ | ポプラ坂 »

2007年10月11日 (木)

田端 大龍寺

Dsc03710
田端散策その3。
田端・大龍寺をお参りしました。







「田端文士村記念館」から地図を片手に、高台の方に歩いていくと「大龍寺」にたどり着きました。

Dsc03707











江戸時代、田端は「田端村」と呼ばれ、上田端と下田端に分かれていたそうです。
大龍寺の隣の「上田端八幡神社」は上田端の鎮守として祀られており、大龍寺はその別当寺に当たります。

ちなみに、上田端八幡神社の敷地内には、見事ないちょうの大木がありました。

Dsc03714













大竜寺には、俳人の正岡子規のお墓があることで知られています。

Dsc03708













本殿に近づいてみると、思いのほか大きくて驚きました。

Dsc03712











大龍寺には、田端文士村に住んだ陶芸家の板谷波山のお墓もあります。

Dsc03713











住宅街の中にひっそりとたたずむ閑静な雰囲気が、田端の街にとてもよく似合っていました。

Dsc03705











続く

|

« 田端文士村記念館 | トップページ | ポプラ坂 »

コメント

はじめまして.
我が故里 田端へようこそいらっしゃいました.
なかなか良いポイントを突いていますね.「かしやま」を含めて.(笑)
>上田端と下田端
わたしが住んでいたのは「下田端」の方でしたが友人たちやその親御さんも含め
台地側(上田端)を「山上(やまうえ)」と呼んでいました.
今はどうなんでしょうね.
因みに40年ちょい前までは明治通に面した「田端新町」と「山上」地域,「東田端」地域を
合わせた「田端町」(町が付いていたかどうかは記憶が曖昧です)に分かれていました.
それが小学校にあがった前後に「山上」が「田端」,
下側が「東田端」と町名変更され現在に至っています.
さらに記憶に間違いが無ければ十数年前まで都バス「東田端」停留所は「下田端」停留所と呼称されていたと思います.
田端には見るべきところ,飲み食いする場所が無いようでいて意外と有りますので
お暇が有りましたらこれからも足を向けていただけますと
田端を離れて十二年ほどたつわたしですけども嬉しいですねぇ~.

あっそうそう 我が母校「滝野川第四小学校」の校歌を作詩されたのは
「サトウハチロー」先生です.


PS. くまこさんが通われている天安門3丁目店ですが
会社が近いのでお昼をいただきによく通っています.(笑)

投稿: だいじゅ | 2007年10月11日 (木) 21時53分

こんにちは〜☆
普段田端にお出かけする事はないのですが、
いろいろ見る所がありそうですね☆
今週の「出没!アド街ック天国」は「田端」が特集のようなので
見てみたいと思っています!

投稿: niconico | 2007年10月12日 (金) 15時12分

だいじゅさん。コメントありがとうございます☆
今回初めて田端に行ってみたのですが、穏やかで素敵な街ですね♪
上田端と下田端に分かれていたことも、今回初めて知りました。
歴史のある街なので、ゆっくり時間をかけて散歩したいです。
おすすめのお店などご存知でしたら、教えていただければうれしいです☆

投稿: くまこ | 2007年10月13日 (土) 09時46分

niconicoさん。
田端は歴史のある街なので、見所がたくさんあって、プチ旅行気分でした♪
王子からだとなかなか行く機会がないのですが、またお散歩してみたいです。
今日のアド街は要チェックですね♪

投稿: くまこ | 2007年10月13日 (土) 09時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/139796/8351313

この記事へのトラックバック一覧です: 田端 大龍寺:

« 田端文士村記念館 | トップページ | ポプラ坂 »