« 十条 丸十サンドール | トップページ | 近未来型住宅 »

2007年11月 2日 (金)

本日の天安門。

Dsc03893
3丁目店閉店のため、今月は「天安門強化月間」です。







王子の天安門3丁目店。
閉店までに色々食べたい!ということで、11月は「天安門強化月間」と決めました。

この日は日替わりの「レバニラ炒め」を注文。

Dsc03892











レバーが柔らかく香ばしくし上がっているのに、野菜はシャキシャキ状態。
味付けもピリ辛でばっちり決まってました。大満足♪

ところで、過去の天安門記事に寄せられたコメントを読んで気がついたことがあり、「王子・天安門」について私なりにまとめてみました。

天安門は王子3丁目に昔からある中華料理屋さん。
中国・撫順出身の劉さんが作る本格中華料理が評判で、開店当時は行列ができていたそうです。

2年前に王子1丁目に支店を出し、現在劉さんはそちらで腕を奮っています。
劉さんの作る料理は、日本人の口にも馴染みやすい「和中華」に近い味。
「ルースー麺」や「チャーハン」など、王子歴の長い人にはなじみのある味だと思います。

一方、現在の3丁目店を切り盛りするトウさんは、大連出身の特級厨師。
作る料理は、本格的な大連料理!!
魚介類や羊などを使い、辛味やスパイスを効かせた料理が得意なようです。

例えば↓。葱と羊の炒め物(葱爆羊肉)。

Dsc03748











羊を使った中華料理を食べられるお店はまだ少ないので、珍しい一品です。
本場の味を知りたい人や、エスニック料理が好きな人はトウさんの作る料理の方が好みかもしれません。

という訳で、同じ王子の「天安門」でも誰に作ってもらうかで味の傾向ががらっと変わります。
そこが中華料理の奥深さなのかもしれません。

※くまこが「天安門」に詳しい理由。
それは・・・以下次号

|

« 十条 丸十サンドール | トップページ | 近未来型住宅 »

コメント

こんにちは♪初めてコメントします。
王子~板橋のグルメを検索していたら、くまこサンのページに出会いました。私も「天安門」の大ファンで王子3丁目しかお店がなかったころから通ってました。くまこサンもファンだと知りうれしくなってメールしちゃいました(*'-'*)劉さんの人柄とお料理の味はどんな高級中華にも負けないと思ってます。しょっちゅう行っているのでお会いしたことあるかも知れませんね。バクバク食べて飲んでいる集団(4人ぐらいですが)がいたら、それは私たちです(笑)
これからも時々覗かせていただきますのでよろしくお願いしま~す♪

投稿: りゅうと | 2007年11月11日 (日) 17時57分

りゅうとさん。初めまして☆
天安門は1丁目店も3丁目店も大好きです♪
手軽に本格中華が食べられるので、重宝しています。
私もよく行っているのでどこかでお会いしてるかもしれないですね(笑)
また是非遊びに来てください♪

投稿: くまこ | 2007年11月11日 (日) 20時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/139796/8728426

この記事へのトラックバック一覧です: 本日の天安門。:

« 十条 丸十サンドール | トップページ | 近未来型住宅 »