« 飛鳥山の桜 | トップページ | 金剛寺 »

2008年4月 1日 (火)

桜田通り

Dsc04790
王子桜写真シリーズ。
今日は東十条の桜田通りです。







東十条にある日本製紙の倉庫周辺にはたくさんの桜並木が続いているため「桜田通り」と呼ばれています。

Dsc04795













桜の咲く頃になると、地元の人たちが必ず見に来る桜の名所です。

倉庫内にはときどきコンテナ車が停車しているので、こんな光景も見られます。

Dsc04798











線路沿いをまっすぐ伸びている桜並木。

Dsc04792











都内とは思えないのどかな春の風景です。

|

« 飛鳥山の桜 | トップページ | 金剛寺 »

コメント

桜田通りの桜の樹がだんだん高くなってきて、桜の花が連なりまるで雲がたなびいていて天国のようですね(行ったことないけど)
ここはJRの駅で北王子駅と言います。コンテナ車は石巻の日本製紙の工場から紙パルプを積み、毎日4回に分けてこの駅に機関車で運ばれてきます。構内での入換作業はポイントを手で切り替えたり、小さなディーゼル機関車が行ったり来たりして楽しいです。この線は昔大きい踏切の所で右に行く本線もあって、北本通りを交差しサミットの前を線路が通っていたんですよ。終点は今の豊島5丁目団地の工場で、貨車を引いて小さな電気機関車がトコトコと走っていました。

ああ、こんなことを書くとトシがばれてしまうw

投稿: 大船観音 | 2008年4月 3日 (木) 11時01分

大船観音さん。
この写真を撮った日はあいにく曇り空でしたが、不思議なことに桜が綺麗に
撮れました。
晴れているときの倉庫周辺(とくに敷地内)はとても牧歌的な風景です。
王子は工業の街だったせいか、あちこちに線路があったと聞きます。
昔の路線図が描いてある古地図を探してみようかな。

投稿: くまこ | 2008年4月 3日 (木) 19時37分

王子は工業地でもあり、軍用地でもありました。
今の豊島公園は運河とドックを埋め立てたものです。並行して軍用列車が、王子小の近く通称ちんちん山を抜けて、新中央図書館ができる十条方面へ走っていたようです。
駿台学園のあたりには、軍が使っていた赤レンガの建物が昭和50年代まで残っていましたっけ。

投稿: HIRO | 2008年4月12日 (土) 11時14分

HIROさん。
王子が軍用地というと意外な気がしますが、陸軍造兵廠があったそうですね。
戦争中の北区は都内でも最も広大な軍用地を持っていたそうです。
十条台には自衛隊十条基地もあり、隣の赤レンガが新中央図書館になるようですね。
この2つは近いうちブログで取り上げていきたいと思います♪

投稿: くまこ | 2008年4月12日 (土) 20時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/139796/11978558

この記事へのトラックバック一覧です: 桜田通り:

» 桜田サイト [桜田のリンク集]
桜田のリンク集形式のサイト情報です。の情報収集にお役立てください。 [続きを読む]

受信: 2008年4月 3日 (木) 00時21分

« 飛鳥山の桜 | トップページ | 金剛寺 »