« cafe Regenboog | トップページ | 台湾の北区 »

2008年10月 9日 (木)

士林夜市探検!

Dsc05875
台湾旅行記。
2日目の夜は「士林夜市」に繰り出すことにしました。






台湾旅行といったら、夜市(ナイトマーケット)巡り!
日本の縁日のような雰囲気の中、屋台を食べ歩くのが旅の楽しみの一つです。

2日目の夜は、台北一大きい「士林夜市」に行ってきました。

士林夜市の最寄り駅はMRT「劍潭」駅。

Dsc05854













駅を降りると、まだ早い時間なのに若い人達で賑わっています。

路上で洋服を売っているのが、原宿の竹下通りにそっくりです。

Dsc05855











夜市といえば、屋台巡り♪
まず最初に向かったのが、くまこ夫おすすめの「生煎包」のお店。

Dsc05858











「生煎包」は焼き目のついた小ぶりの肉まん。
焼き目の香ばしいふわふわの皮の中に、肉汁たっぷりの肉餡が入っていてとてもおいしい♪
こちらの「原上海生煎包」というお店はお客さんがひっきりなしに来て買っていました。

次に向かったのは「胡椒餅」のお店。

Dsc05866











「胡椒餅」は小ぶりの肉まんを筒状の石釜に貼付けて焼いたもの。
カリっと焼かれたパン生地の中に、胡椒の効いたお肉がたっぷり入っています。

Dsc05868











焼きたてを齧ると肉汁が飛び出して来て口の中をやけどしてしまいましたが、とてもおいしい♪
こちらのお店も行列ができていました。

こちらの青い金柑のようなジュースも甘酸っぱくっておいしかった♪

Dsc05862_2











「木瓜牛奶」とかかれた看板。

Dsc05865











木瓜牛奶とは、パパイヤミルクのことだそうです。

士林夜市の守り神ともいえるお寺「慈誠宮」。

Dsc05857











地元の人たちが熱心にお参りしていました。

夜も更けて来て人通りも増え、屋台も賑わってきました。

こちらのお店では、赤いの果物を飴がけしたようなものを売っていました。

Dsc05872











真っ赤な果物はなんと、プチトマト!
トマトの飴がけ、どんな味か食べてみたかった・・。

夜市の中でもひときわ目立つカエルの看板は・・

Dsc05871











台湾名物・愛玉を売っているお店でした。

Dsc05856











台湾では愛玉の屋台はカエルの看板を出していることが多いそうです。

愛玉は、味のないゼリーのような食感。
レモンシロップをかけて食べると、さっぱりしていて暑い台湾の夜のデザートにぴったり♪

夜市最後は、こちらのお店の「地瓜球」でしめました。

Dsc05874











地瓜球はサツマイモの粉を練ったものを油で揚げたスナック菓子。

Dsc05875_2











中は空洞で、ほんのり甘くていくつでも食べられそう♪

あれこれつまんでいたら、あっという間に満腹になってしまいましたが、台湾の夜市を堪能できました。

☆台北豆知識 その7☆
士林夜市は、劍潭駅前は屋根付きの「屋台村」もあるようです。
屋根付きなので、お天気が悪いときはこちらに行くのがおすすめです♪

|

« cafe Regenboog | トップページ | 台湾の北区 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/139796/24123623

この記事へのトラックバック一覧です: 士林夜市探検!:

« cafe Regenboog | トップページ | 台湾の北区 »