« 柿の種サンダー! | トップページ | 徳也茶喫 »

2008年10月28日 (火)

東門餃子館

Dsc08836
台湾旅行記。
永康街で餃子を食べました。







中正紀念堂を見た後、ちょうどお昼時になりました。

くまこ夫が「お昼は餃子がたべたいな~」と言い出したので、紀念堂から永康街に行くことにしました。

永康街は台北でもおしゃれなカフェや雑貨屋さんが並ぶエリア。

その少し外れにある「東門餃子館」は中国の山東料理のお店。
おいしい餃子が食べられるので評判だそうです。

Dsc08831













愛想のよい店員さんに案内され席につくと、日本語のメニューを渡され一安心。

Dsc08832











注文したのは「水餃子」と、

Dsc08834











日本でもお馴染みの「焼餃子」。

Dsc08835











そして「蒸餃子」と餃子祭り状態に!

Dsc08837











餃子好きのくまこ夫はとってもうれしそう・・・

写真はどれも同じように見えますが、中身も味もそれぞれ違っていました。

特に美味しかったのが水餃子♪
茹でたての餃子は皮がもちもちしていて、中にはさっぱりとした牛肉餡が入っていました。

焼餃子は、香ばしく焼き上げた皮には豚肉餡がとてもあっていて、ビールが飲みたくなる味。
蒸餃子はもちもち感が少なくふわっとした口当たりで、あっさりした味でした。

日本で食べる餃子とは違って皮がかなり厚いので、餃子だけでお腹いっぱいになってしまいました。
他の料理が食べられなかったのが残念・・。

ケースに入った小皿料理もおいしそうでした。

Dsc08833











次回は、餃子以外の料理も食べてみたいと思います。

☆台北豆知識 その10☆
台湾のレストランでは、ケースの中に入った小皿料理「小菜」をよく見ます。
自分で食べたい小菜を選び、お会計の時清算するシステムだそうです。
くまこも次回食べてみようと思います!

|

« 柿の種サンダー! | トップページ | 徳也茶喫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/139796/24384554

この記事へのトラックバック一覧です: 東門餃子館:

« 柿の種サンダー! | トップページ | 徳也茶喫 »